TaKo Electronics タコ電子

KaNiKoクラスAインテグレートアンプ

あなたの望む全て一つに型に

タコ電子 KaNiKoインテグレートアンプは、おそらく市場で最も価格のコンパクトなものとなっています。このコンパクトなインテグレーテッドアンプのシンプルさと洗練されたデザインは、手作りです。バランス真空管プリアンプとクラスA MOSFETパワーアンプ。5インチの大型高解像度カラーLCDタッチスクリーンディスプレイにより、アンプの多様性と制御が容易になっており、プリアンプとパワーアンプを別々に操作できます。

特長

  • 真空管プリアンプ+クラスAパワーアンプ
  • 透明感の優れた低フィードバック増幅回路
  • 5インチの大型高解像度カラーLCDタッチスクリーンディスプレイ
  • タコ電子独自開発の1000ステップ電子制御精密アッテネーター(0.1db/ステップ)
  • 高品質MMフォノアンプ
  • 3xライン入力 , 1xフォノ入力 in ,1x録音モニター, 1xパワーアンプ入力 (selectable)
  • 1x録音出力,1xプリアンプ出力(selectable)
  • Mosfet スピーカーリレイ
  • モジュラー設計により、アンプの保守もアップグレードも可能です。
  • クラスA出力:12W(8Ω)RMS
  • クラスAB 出力:30W(8Ω),60W(4Ω),90W(2Ω)
  • プリ/メンアンプ分離機能
  • 電流/温度リアルタイム表示
  • アンプ/真空管使用時間記録
  • スリープタイマー
  • 赤外線リモートコントローラー
KaNiKoアンプ/エレガントシルバー

音の再現を楽しむ為に生まれました

KaNiKoのデザイン哲学は、可能な限り最高の音質の音楽を、最もシンプルな方法で聴くことです。 電源ボタン(リモートコントロールも可能)を押し、ソファーに座って音楽を楽しむだけです! 5インチの高解像度カラータッチスクリーンは、すべての機能を即座にコントロールします。それは必要に応じて、暗くしたり、完全にオフにしたりも出来ます。精密光学式速度感知ボリュームコントロールノブは、シルクの様な滑らかなアナログ的操作感覚を提供しますが、最も簡単な方法でリモートコントロールも可能としています。ボリュームコントロールの中心には、低インピーダンスのCMOSスイッチを備えたディスクリートの精密金属皮膜抵抗器が使用されています。ボリュームコントロール回路は、どの位置でも一定の入力インピーダンスを維持します。従来のボリュームポットや他の商用ICより優れています。それは定入力インピーダンス設計が可能にしました。あらゆる音量レベルで最高の音質を提供いたします。ボリュームは1000ステップで信号は0.1db /ステップで減衰します。勿論、チャンネルバランスコントロールも装備しています(LR/5db / 0.1db /ステップ)。 ボリューム回路では最短の信号経路を確保するために四層基板を採用しました。 見易い5インチのタッチスクリーンLCDには、アンプの電流や温度などのすべての情報がリアルタイムで表示されます。また、アンプのすべての機能に即座にアクセスできます。音質を損なう可能性のある干渉を防ぐために、コントロールシステム全体がオーディオ回路から完全に電気的に絶縁されていますので、デジタルノイズのアナログ系への侵入を防いでいます。


5インチタッチパネル

精密電子制御アッテネーター基板(四層)

真空管と半導体の特徴を活かしたシンフォニーを奏でます

KaNiKoは、暖かくて柔らかい真空管プリアンプと強力なクラスA半導体パワーアンプを組み合わせたもので、両方のデバイストポロジの利点を活用しています。プリアンプ部/パワーアンプ部とも、透明感の優れた低フィードバック増幅回路を採用しています。

プリアンプ

ライアンプ部はのプリアンプは、真空管2x12AT7 / ECC81を使用する広帯域真空管シングルステージハイブリッド低フィードバックプリアンプを特長としています。ドイツMundoff社Aluminium Oilコンデンサや、アムトランス社の AMRG抵抗器などのプレミアムパーツを使用したバランス型プリアンプは、音質を向上させています。 プリアンプは、入力信号を不平衡から平衡に変換して、パワーアップを駆動します。 パワーのオン/オフシーケンス制御を備えた真空管は、パワーアンプとスピーカーに害を及ぼす可能性のあるオフセット電圧のウォームアップを排除します。 真空管の寿命も延長できます。 MM対応の高品質フォノアンプを内蔵しています。


バランス真空管プリアンプ
パワーアップ基板(四層)

パワーアンプ

バランス高電流ディスクリートプッシュプルクラスAパワーアンプは、ほとんどのパワーハンガースピーカーを「トライブ」できます。 入力段は、東芝の低ノイズJFETによって、電力段は、増幅デバイスとして3ペアのパワーMOSFETパラ接続。片チャネルあたり約1Aの静止電流で動作します。 クラスA領域で12 W(8Ω)、クラスAピーク電流で18 Aを供給します。 アンプはクラスA領域を離れますが、出力が 30W(8Ω)、60W(4Ω)、90W(2Ω)。 すべてのトランジスタは精密マッチングされています。スピーカー保護は、超低インピーダンスMOSFETリレーを、従来の機械式リレーと比較して堅牢性と迅速な応答を実現しています。 システム全体で、アンプ領域の温度、消費電流、スピーカーのローディングステータスをデジタル領域とアナログ領域で部分的に安全に監視します。

ガラスエポキシ四層基板ラウンド配線パターン

本機の基板には、高級オーディオ、精密測定器ので採用される、ガラスエポキシ四層基板を採用しています。回路間の相互干渉が少なく、高音質化と安定化が望める素材です。また、グランド層および電源層を専用に設けることで、低インピーダンス化を図り、確実な回路駆動と原音にピュアな再生能力を確保しています滑らかな曲線を描くラウンド配線パターンによって、音楽信号のスムーズな流れを実現しています。

電源および接続性について。

非常に広い用途に対応

KaNiKoアンプはそれぞれ別体として、プリアンプまたはパワーアンプとして動作することが可能で、テープ愛好家の為の録音出力も備えています。また、高品質のMMフォノアンプも内蔵されています。フォノアンプは録音出力を通じて、独立して使用することもできます。勿論、これらの全ての設定は電源を落としても保存されています。


リアパネル
プリ/メンアンプ分離機能

こだわりの電源と的確な内部配線

アンプの各部に個別の巻線を備えた200WカスタムメイドのRコアトランスと65000uF電解コンデンサをを搭載しております。スピーカーを完璧にドライブするため、必要な電源を余裕をもって供給します。瞬間的な動作なら2Ω負荷でもスピーカーを駆動できるほどの電源の余裕度をもたせています。
さらに、プリアンプ、パワーアンプ、制御システムは、独立のコンデンサバンクと電源回路を採用しています。電源部と出力段を結ぶ主要な電流系ラインは、極太の銀メッキテフロンワイヤーによるハードワイヤリングで直結です。
内部レイアウトにはツインモノコンストラクションを採用しており、シャーシ中心に電源部を据え、電源を挟むように左右のパワーアンプ部を配置することで良好なセパレーションを得ています。
KaNiKoは、高品質の内部配線としてオヤイデとベルデンも使用しています。


内部構成

WBT社製スピーカー端子(オプション)

モジュラー設計

タコ電子は常に音楽の詳細を保持するために最短経路のルールに従います。 入力RCAジャックからプリアンプ出力までの信号パスは最短5cm。

モジュラー設計により、アンプの保守もアップグレードも可能です。 アンプの修理またはアップグレードは、数時間以内に完了できます。


最短経路モジュール設計
KaNiKoアンプ/スゴイブラック

仕様表

プリアンプ部

音量調整:100db(0.1dbステップ)
ゲイン:14db(プリアンプモード)
周波数特性:10Hz~400KHz(‐1db)
音声入力:ラインレベルⅹ3、フォノⅹ1、録音モニターⅹ1
音声出力:録音出力ⅹ1、プリアンプ出力ⅹ1(選択可能)

パワーアップ部

定格出力:30W(8Ω) ,60W(4Ω),90W(2Ω)RMS
ダンピングファクター:255
周波数特性:300KHz(‐3db@1W)
全高調波歪率:0.5%(最大出力時@1Khz)
ゲイン:26db

電源

入力電圧:100V/110V/220V@50~60Hz
消費電力:200W(最大)

その他

外型寸法(幅x高さx奥行):320x103x364mm
質量:10㎏

付属品

リモートコントローラー(純正アップルリモート)
電源ケーブル


外形寸法(mm)

*すべての製品仕様とデータは、機能、設計などを改善するために予告なく変更されることがあります。


試聴


今すぐ購入

タコ電子のYouTubeチャンネルに登録する